2009年09月06日

獄中の織田陽介君(全学連委員長)から 全国声明賛同拡大に向けた訴え

弾圧粉砕! 8学生奪還! の声を、11・1全国労働者集会の
1万人結集につなげよう−全学連委員長・織田陽介(8/23)−

 f2386_1_1.jpg救援活動へのご支援、さらにはあらゆる獄外での闘いに支えられ、日々獄中闘争を元気に闘い抜くことができています。本当にありがとうございます。
 私が訴えたいことは、「法大弾圧粉砕! 8学生奪還!」の声を、動労千葉が呼びかける11月労働者集会の1万人結集に結びつけたい、ということです。

 もとより、暴処法という戦時型の弾圧という性格、それに加えて私たちがやってきた闘いの大きさを確信をもって振り返ってみるに、今回の弾圧は、生半可な攻撃ではないと思っています。
 「公安条例違反」で逮捕し、23日間の「取り調べ」をした後に、別の容疑での起訴、自宅まで出向いての逮捕の後に、「住所不詳」として東拘に閉じこめるあり方。法の名による違法行為、白は黒に、正義は悪になる。もはや法に道理はありません。いや、その本性を明らかにしたと言うべきか! 裁判員制度はその正当性を語ることもできず、「決まったことだ」とくり返すのみ。そして法は戦争という破滅を強制へと高める。弾圧をやっている裁判所自らが戦後憲法とその法体系に死を宣告し、戦前を懐古する。暴処法にこめられた全体構造と、私たちは真正面から対決したいと考えます。
続きを読む


posted by 全国声明運動事務局 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アピール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。