2009年09月09日

「団結して暴処法をぶっ飛ばそう! 8・30大行動」での洞口朋子さんのアピール

全国声明10万筆の力で8人を取り戻そう!
11・1集会1万人の労働者・学生の力で、社会を変えよう!
−8/30洞口朋子(法政大学)−

朋.jpg いま本当に時代が激しく動こうとしています。総選挙で自民党が打倒されようとしている。大恐慌が本格化していくなかで、「景気底打ち」キャンペーンの裏で、一体どれだけの労働者がクビを切られ、殺されてきたのか! もう「こんな社会じゃ生きていけない」という怒りが爆発しているのです。
 資本主義の最後の延命策である新自由主義という政策は、人間が生きていく、人間が人間として生きていく行為を全部金儲けの道具にしてきました。医療も、教育も全部を金儲けの道具にして、儲けるやつはトコトン儲け、挙句の果てに破産したのがいまの現実です。
 麻生は、学生との対話集会で「金がなければ結婚しなければいいじゃないか」と言っている。本当に許せない! でも、これが資本主義の本質です。このことがもっともむき出しになっているのが法政大学で起きていることです。法政大学は、資本の論理を貫くために国家権力を発動して110人を逮捕し、33人を起訴し、13人の学生を処分し、いまも8人の学生を監獄に入れています。この攻撃と一歩も引かず、非和解で闘ってきたのが私たちの法大闘争です。
続きを読む


posted by 全国声明運動事務局 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。