2009年10月19日

10・16法大生・久木野君ら2学生の逮捕弾劾!

 10月16日、法大正門前で、法大生・久木野君ら2人の学生が「東京都公安条例違反」を口実に不当逮捕! 2人をただちに取り戻そう!

091016housei.jpg 16日、法大では「学祭への飲酒規制、企画の選別・排除絶対反対」「警備員の監視体制許すな!」「獄中8学生を釈放しろ!」「不当処分撤回!」を掲げ、法大生が怒りの声をあげる集会が開かれました。
 キャンパス中央でアピールする洞口さんに対して職員が襲いかかりトラメガを破壊、学生から職員がビラを奪う、洞口さんと会話しただけで職員がつきまとう、校舎の窓にはブラインドを下ろして“開けるな”という張り紙…学生の目も耳も口もふさいで弾圧しようとする法大当局に対し、正門前に集まった学生・労働者から激しい怒りの声が上がりました。法091016housei3.jpg大生もピロティ下に集まってきて法大当局への怒りを募らせました。
 その時警視庁が弾圧に!機動隊バスがサイレンをならして部隊で登場。「無届け集会だ」「東京都公安条例違反だ」と部隊で規制に入り、学生・労働者
を外濠公園へと暴力的に排除。昼休みが終わり行動を終えて移動をはじめたとたん、公安刑事が2名の学生に襲いかかり逮捕理由も告げずに拉致て、ブルーシートにくるんで連行したのです。のぼりを立てたり演説することが違法なのか!
 「東京都公安条例」とは、戦前の治安警察法の復
活として、50年朝鮮戦争の開戦直後に反戦運動弾091016-jr-ydd030_240x180.jpg圧のためGHQが制定させた条例です。歴史家・元参議院議員の羽仁五郎氏によると「憲法違反があまりにも甚だしいので、法律にせず条令のままにしている」。じっさい地裁段階では過去3度も違憲判決が出ている。
 羽仁五郎氏はかつて、公安条例を弾劾して次のように語っています。「デモに対して政治を是正せず、かえってデモを禁止すれば、革命がおこるのである」と。不当弾圧への怒りを、動労千葉が呼びかける11・1労働者集会1万人結集へ!


091016housei4.jpg◆11・1全国労働者総決起集会
 ・11月1日(日)正午〜 
 ・東京・日比谷野外大音楽堂にて
posted by 全国声明運動事務局 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130614183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。