2009年12月12日

12・17集会への総力決起を訴えます!

残り2週間、8同志の年内保釈奪還を勝ち取るか否か、09年の総括をもかけた重大な決戦に突入しています。労働者・学生の底の底からの決起を訴えます!

12月12日 全国声明運動事務局


◇8ヶ月の長期未決勾留は、闘う学生への見せしめ制裁であり、人権侵害だ!

 4月24日の法政大集会で不当逮捕された恩田君、倉岡さんをはじめ、8学生の未決勾留は8ヶ月目に突入しています。「罪証隠滅のおそれ」や「逃亡」を口実としたこれ以上の保釈却下は断じて認められません! この長期不当勾留の異常さ、不正義性に徹底的に怒り、労働者・学生の「釈放せよ!」の闘いを起こそう!

 124日発売号の週刊「金曜日」では、「生きている戦前の治安立法『暴処法』の恐怖」と題して法大弾圧の記事を掲載し、「普通ならせいぜい始末書程度の『事件』だが、5人も起訴された上、現在までも全員が勾留中というまるで凶悪事件並みの扱いだ」と長期勾留の異常さを報じています。また、ゼネストに決起するドイツの学生も「ドイツなら捕まってもせいぜい2〜3時間だ。8ヶ月も拘束なんて信じられない」と怒りを表明しています。8ヶ月に及ぶ長期の勾留は、それ自体が裁判所による「判決なき実刑判決の先取り」であり、闘う労働者・学生への見せしめのための「制裁」でしかありません。これ以上の勾留は1日たりとも認められないのです!


◇暴処法弾圧の破産を覆い隠すためだけの長期勾留を絶対に許すな!

 8学生に対する勾留の目的は一点、暴処法を適用した学生運動つぶしです。それ自体断じて許せません。しかし、このかんの公判闘争で暴露されたのは、検察のあまりにも低レベルでデタラメな立証です。織田陽介全学連委員長は、12月7日の第5回公判で、「8ヶ月たってもなぜ暴処法違反なのか検察によっていまだに明らかにされていない。裁判の根拠そのものが説明されない裁判などあるのか!」と検察・裁判官を激しく弾劾しました。

法大暴処法弾圧は完全なでっち上げです。「事件の捜査」とは無関係に、「取り調べ」と称して脅迫や罵詈雑言を40日にもわたって浴びせ続けた警視庁公安。「誰が当日の首謀者だったか教えろ」「このカメラに写っている人物は誰だ」などと逮捕をほのめかして仲間を売ることを強制する検事。そして法大当局の全学連・文連解体の悪らつな意図。これが弾圧の本質です。


 12月7日の公判で検事側証言に立った小川浩幸・法大総務課長は、看板が引き剥がされたとされる「事件」当日の防犯カメラのコマ送りされた画像を見て、「はっきり特定できた者はいない」と繰り返したあげく、ついには「この画像ではわからないが、たぶん織田君だと思う」だとか、「私の知っている者の中では内海君だ」などとあらかじめ「犯人」を絞り込んで名前を挙げ始めるというデタラメさ。予断に満ち、何の客観性も根拠もないあまりにも低レベルな検事側立証に弁護団、被告、傍聴席の怒りが爆発。検察は予定していた尋問を粉砕され、最後にはカメラの映像だけ流し、画像による「人物特定」を続けることができなくなりました。

暴処法攻撃の本質は、逮捕者、被告、連行された法大生の完全黙秘・非転向の団結した闘いによって粉砕されているにもかかわらず、検事はこのようなデタラメな証人を次々と要求し、裁判所は「検事側立証が終わるまで保釈できない」などと居直っています。断じて許すことは出来ません。新井君はこのあまりにも破産した裁判と長期勾留に対し、「われわれが全学連であり、文連であるということによる人質司法そのものである」と徹底的に弾劾しています。


 戦前から労働運動・学生運動つぶしのために使われてきた暴処法そのものを、いまこそ、労働者・学生の団結した力で完膚無きまでに叩きのめしてやろう!

◇労働運動の爆発で8学生の奪還を勝ち取ろう!

 さらに、追い詰められているのは敵の側です。獄中8学生の団結は一ミリも崩されず、法大からは8学生に続く新たな決起が開始されています。高額な授業料をふんだくられ、徹底的に競争を強いられたあげく、大卒の就職内定率は6割という現実。民主党・連合政権は「教育にカネをかけるな」と大恐慌の責任を労働者・学生に押しつけています。こうした現実に青年の我慢は限界に達しているのです。

 「ここで8学生を保釈したら闘いに火がついてしまう」。アメリカやドイツ、フランスのように「教育の民営化」反対と労働者の「解雇絶対反対」が結合して大闘争になるという恐怖のまえに国家権力はなりふりかまわず必死です。警視庁公安も裁判所前で総力体制をとっています。最後は力勝負なのです。


 闘いの展望は圧倒的にあります。11・1労働者集会の圧倒的成功に続いて、11月27日の国労5・27臨大闘争弾圧裁判での「暴処法粉砕し無罪」の勝利があります。文字通り、「国鉄1047名解雇撤回」と「教育の民営化」反対が結合し、2010年の労学共闘が大爆発する条件を我々は手にしているのです。8学生を取り戻す力は、体制内労働運動指導部の裏切りを乗り越えて進む階級的労働運動の実践の中にあります。

◇12・17行動に総決起を! 労働者・学生の底力を見せてやろう!


獄中8学生の闘いは常に09年の闘いの先頭にありました。動労千葉と一体となって1500人の決起を作り出した4・24法大集会。その後の警視庁・東京地検が一体となって襲いかかった暴処法弾圧との闘い。こうした学生の闘いが11月労働者集会、5・27弾圧の勝利、星野奪還闘争の前進を切り開いた決定的土台になっています。であるからこそ、権力は闘いの爆発を恐れ、年内に絶対に保釈しないことに全力を挙げているのです。


ここが本当の勝負のときです。労働者・学生の団結と底力を見せてやろう! 09年は8学生を力ずくで奪還して総括しよう!


被告のご家族は仕事を休んで公判闘争に毎回決起し、いまでは裁判長や法大当局を弾劾する先頭にたっています。そのご家族が「クリスマスまでには取り戻したい」と熱烈に訴えています。この闘いに応えよう!


 17日の総決起集会は弁護士会館を埋め尽くし、国家権力を震え上がらせよう! 
 8同志を奪還せずして年は越せない! 新たな決意でみなさんの2週間の総力決起を訴えます!
posted by 全国声明運動事務局 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アピール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135465986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。